レギュラーコーヒーを楽しもう

コーヒーを日常的に飲んでいるという人も多いのではないでしょうか。
コーヒーの味にこだわっている人もいれば、そうではない人もいるでしょうが、レギュラーコーヒーとインスタントコーヒーの違いについて、しっかりと説明することが出来る人はそれほど多くはないようです。


レギュラーコーヒーは、お湯を注ぐだけで飲むことが出来るインスタントコーヒー以外の全てのコーヒーのことを言います。つまり、コーヒー豆を挽いてそこにお湯を注ぎ、抽出したコーヒーのことなのです。

インスタントコーヒーよりも淹れるのが難しいというイメージがありますが、決してそのようなことはありませんので、美味しいコーヒーを楽しみたいという人は挑戦してみても良いでしょう。



レギュラーコーヒーの淹れ方は、機械を使う方法と使わない方法に分けることが出来ます。



機械を使う方法であれば、挽いた状態のコーヒーと水を機械にセットし、ボタンを押すだけと簡単ですし、機械を使わない方法であれば、自身の好みの淹れ方をすることが出来るというメリットがあります。コーヒー豆の種類によって適している挽き方・淹れ方が異なりますので、好みに応じて柔軟に対応することが出来るでしょう。
なお、レギュラーコーヒーの味を左右するのは、コーヒー豆の新鮮さであると言えます。


焙煎されたコーヒー豆の状態であれば、ある程度美味しさを保つことは出来ますが、挽いて細かくした場合には、時間の経過とともに酸化してしまうため、本来の美味しさを味わうことが出来ない可能性があります。



その為、コーヒー豆は挽いたら早めに飲むようにしましょう。