レギュラーコーヒーに含まれる成分

レギュラーコーヒーは焙煎したコーヒー豆から抽出したコーヒーのことを言います。



缶コーヒーなどと異なり飲む時にその分だけ抽出するので効果的にコーヒー豆に含まれる成分を取り入れることができます。コーヒー豆には産地や品種などによって数多くのものがあります。

味や風味がそれぞれ違うように含まれている成分も異なるためため一概に言うことはできませんが他の豆類と同じように脂質や蛋白質、糖類が8割ほどを占めています。



それが焙煎することにより全体の6割程度に減少して、その分カフェインやポリフェノールなどの成分の割合が高くなります。


レギュラーコーヒーではその成分をお湯や水によって抽出することでコーヒーを作ります。



コーヒーと言うとカフェインが多く含まれていると言うイメージがあります。

実際には100gの抽出液に0.06g程度がふくまれています。


同じように茶葉から抽出する緑茶や紅茶、ウーロン茶は半分の0.02gです。カフェインは覚醒作用や解熱鎮静作用がある成分で、眠い時や倦怠感がある時、頭痛がするときなどに効果が期待されます。ただし、飲んでからすぐ効き目があるわけではなく、だいたい30分程度で脳に働きかけ始めます。
だから眠くなりたくないことがある場合にはその30分まえにレギュラーコーヒーを摂取する必要があります。


眠くなってから飲んだのではカフェインが効き出す前に眠気の方が強くなってしまいあまり意味がありません。