オフィスレイアウトをデザインする際のポイント

職場環境を整備するという視点から考えた場合、オフィスレイアウトは重要なものであることは言うまでもありませんが、単に机を並べただけのレイアウトでは、職場環境を整備したことになりません。社員が働きやすいものにするために、画一的な応えは存在せず、そのオフィス職種や業務内容によって、様々なパターンが存在することを理解しなければなりません。

例えば、営業職のように、社員間のコミュニケーションを重要視する職場であれば、机を対面式にレイアウトすることで、いつでも簡単なミーティングができる環境を作ることができます。



反対に、技術職のように一人ひとりが作業に集中しやすいレイアウトを考えるなら、社員が背中合わせとなるようなレイアウトが適しています。

今までになかったgoo ニュースの専門技術を身につけましょう。

つまり、職場において何を重要視するのかを明確にしなければ、オフィスレイアウトをデザインすることはできないのです。



また、機器類や書棚の配備もオフィスレイアウトをデザインする上で、とても重要な要素となります。実際には、オフィスのスペースに併せて配備しがちですが、これはあまり良い考え方ではありません、正しいのは、誰が使用するのかを見極めることです。


例えば、コピー機などは新人社員が主に使用することになりますが、スペースが空いているからといって、管理者付近に設置することはあり得ません。

オフィスレイアウトをデザインする上で、最も大切なことは「社員が働きやすい環境作り」を行うことです。
中には役職者のデスクから決める人もいますが、これは間違いです。したがって、レイアウトを考える場合は、まず、社員のデスクの配置から考え、機器類、書棚の順に考えていくことがポイントです。

みんなの常識

サラリーマンは会社で一日のうちのほとんどの時間を過ごすことになります。移動や寝る以外の時間を会社で過ごすという方も少なくありません。...

more

身になる知識

オフィスレイアウトのデザインは、時代によって少しずつ変化を遂げています。かつては島式レイアウトのようにオフィスレイアウトのデザインも単調でしたが、最近は仕事の効率化に対して積極的に研究をする企業が増えてきました。...

more

最新情報

オフィスレイアウトのデザインを行う際には、コンセプトをしっかりと決めることが重要です。仕事のしやすさを重視するのか、周囲から見たイメージを重視するのかによってもそのデザインは大きく変わるものです。...

more

社会入門

どのような企業や団体のオフィスにおいても、作業効率や従業員の快適さを高いレベルに維持するためにはオフィスレイアウトのデザインを適正化することが大切です。多くのケースでは従来の机や椅子、座席配置、作業台、書棚、パソコンやプリンターやファックスなどのネットワークの構築などをずっとそのままの形で使い続けており、これがいつの間にか事業や作業の内容や社員の動線などの妨げになっていることがあります。...

more
top